水へのこだわり

水へのこだわり

水へのこだわり

焼酎造りに欠かせないのが、原料と「水」です。

水は仕込みだけでなく、焼酎の割り水※にも使われます。
また、原料米や芋の洗浄などにも使われますので、良い水質であるうえに、水量が豊富でなければなりません。 蔵では以前、蔵の裏山にある「布引の滝」より水を引いていましたが、現在では「布引の滝」の伏流水を、井戸を用いて利用しています。
この水は弱アルカリ性の軟水で、トロッとした口当たりの良い水です。この水で造られる焼酎の味は良く、これまで以上にうまくなったと評価が上がりました。
※割り水…蒸留した原酒はアルコール度数が35度以上と高いので水で加水して、度数を25度などに調整すること。
吉野山系

吉野山系

蔵の背後にある吉野山系に降った雨水はシラス台地によって濾過され、やわらかい水となって地表に湧き出します。

布引の滝(白銀の滝)

布引の滝(白銀の滝)

白銀坂の近くにある布引の滝。かつて蔵の仕込水として使っていました。