杜氏

鹿児島の伝統的な焼酎造りには常に『黒瀬杜氏』と呼ばれる存在があります。黒瀬杜氏は南さつま市笠沙にある、「黒瀬集落」を所縁とする杜氏集団です。
黒瀬杜氏は焼酎造りの技術集団として明治時代から、鹿児島のみならず九州各地で活躍してきました。当時、焼酎造りの技術は門外不出とされており、また各地で焼酎を造った杜氏・蔵子達は製造が終わり里帰りした際に、技術について情報交換し、その積上げで黒瀬杜氏の地位を確固たるものに築きあげました。
焼酎造りは体で体得するもので、長年の経験と勘がものをいう、まさに「技」の世界です。
ピーク時には300名からいた杜氏も現在では30人ほどになってしまいました。
白金酒造の杜氏は、先代の「黒瀬 東洋海」、そして現在の杜氏頭である「東中川 太」まで、昔ながらの仕込方法で伝統的な焼酎造りを今に伝えています。

杜氏写真

(中央)杜氏頭「東中川 太」。
杜氏頭の「東中川 太」は、先代の杜氏頭「黒瀬 東洋海」に20年師事し伝統の技術を受け継いできました。2012年から杜氏頭として、白金酒造の酒造りを支えています。